玉川野毛町パークらぼに参加しませんか?
お知らせ

新たにパークらぼの中間支援業務を担うCESさんのご紹介


ご紹介します。新たに中間支援業務を担う、「CES(シーイーエス)」さんです。

令和6(2024)年度以降、公園運営の区民参加型管理運営業務委託(中間支援業務)を担う事業者が公募プロポーザルを経て決定いたしました。期間は令和9(2027)年3月までの3年間で、「区民の活動支援」「公園利用者へのサービス提供」「区民参加型会議体の運営(事務局)」「拠点施設の管理運営」「公園施設の管理運営」「非常時の対応」などを行います。

こちらの業務は、以前のデザインDAYや基本計画の資料上は「中間支援業務」とされていたもので、世田谷区の発注のもと、公園の魅力的な運営のために、区民活動の支援などを中間の立場で行います。

CESは正式名称を(株)自然教育研究センターといい、「自然とともに生きる地域と人づくりのコーディネーター」をキャッチフレーズに活動を行なっています。現在、1都1県5区2市1町1財団法人1民間企業の多様なクライアントから、自然公園・里山・都市公園・農業公園・干潟において 自然教育・環境教育・生物飼育関連の18公園・施設の指定管理者、管理運営・解説・生物飼育等の各種業務等に取り組んでいます(令和5(2023)年度実績)。近くでは、二子玉川公園の区民参加型管理運営業務を行っており、区民活動のサポートにおいても実績があります。

ギンガムチェックのシャツを着て業務を行っていますので、よろしかったら声をかけてみてください。

リーダーの小高さんからのコメント

「皆さまこんにちは!笑顔があふれるチーム体制で、玉川野毛町公園のパークらぼ活動のお手伝いが出来ればと思っています。まずはお気軽にお声がけください。どうぞよろしくお願いいたします。」

これまでの玉川野毛町公園パートナーズも引き続き100年後も愛される公園づくりに携わります。みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。


お知らせnews